山口県宇部市の不動産|Homeway不動産 > Homeway不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!

不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!

≪ 前へ|マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!   記事一覧   移住支援金がもらえる「宇部市移住支援事業補助金」について知っておこう!|次へ ≫

不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!

不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!

不動産をなるべく早く売りたいときは、適切な価格設定が大切です。
そのためのポイントである査定について、正しい知識を身に付けておきましょう。
今回は不動産の売却を検討している方に向けて、査定方法や査定額の算出についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却するときに依頼する査定には2つの方法がある!

不動産の価格は、さまざまな要素を踏まえて適正に設定すると、スムーズな売却につながるでしょう。
ただし、自分だけで設定することは難しいため、多くの場合は不動産会社の査定額を基にして決めます。
査定には、「簡易査定」と「訪問査定」の2つの方法があります。

簡易査定

物件のデータだけで査定する方法です。
時間がかからず、必要な情報もデータでやり取りできるので、手軽に行えます。
ただし、物件を見ずに査定するため、出された金額の精度は高くありません。
目安の金額を知りたいときには、便利な方法です。

訪問査定

物件を実際に見て査定する方法です。
1週間ほどの時間はかかりますが、売却金額を決める基となる精度の高い査定額を出してもらえます。
片付けや掃除は、最低限しておくと良いでしょう。

不動産の売却では査定額の算出方法を知ることも大切!

査定額は、「費用性・市場性・収益性」などの要素を基にして算出されます。
戸建てで主に使われる算出方法は「原価法」です。
費用性に着目して、物件を取り壊して同じ建物を建てるとどのくらい費用がかかるのかを計算するとともに、築年数などを加味して決定します。
またマンションや土地では、市場性に着目する「取引事例比較法」が使われます。
近くにある条件の似た物件の取引実績を参考にしながら、立地や時期などを踏まえて算出する方法です。
このように、物件の種類によって方法が変わりますから、きちんと覚えておきましょう。
なお査定額は、高いほうがよいわけではありません。
高い査定額を基にして売却価格を設定しても、その価格が適正ではないと、なかなか売れずに困ってしまう可能性もあります。
ですから、自分でも周辺の相場や販売実績を調べて、その価格と比べながら査定額をしっかりとチェックすることが大切です。

まとめ

不動産の査定には、2種類の方法があります。
もし時間に余裕があるのでしたら、順番にどちらの査定も行って、納得できる結果を示してくれた不動産会社と媒介契約を結びましょう。
なお、査定額の高さだけで判断せず、なぜその金額になったのかについて、理由をしっかりと説明してもらえるかどうかも重要なポイントです。
私たちHomeway不動産は、宇部市・山陽小野田市の不動産物件を幅広く取り扱っております。
不動産に関するご質問やご相談がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!   記事一覧   移住支援金がもらえる「宇部市移住支援事業補助金」について知っておこう!|次へ ≫

トップへ戻る