山口県宇部市の不動産|Homeway不動産 > Homeway不動産のスタッフブログ記事一覧 > マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!

マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!

記事一覧   不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!|次へ ≫

マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!

マイホームを購入するなら「すまい給付金」について理解しておこう!

マイホームの購入には、物件代金の他にも諸費用や税金がかかるため、多くのお金が必要です。
ただ、節税できたり給付金がもらえたりする制度もありますから、しっかりと理解して活用しましょう。
今回はマイホームの購入をご検討中の方に向けて、すまい給付金とは何かについて、内容や申請方法などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを購入するときに利用したい「すまい給付金」とは?

マイホームの購入では、負担を減らすためのいろいろな制度が利用できます。
たとえば住宅ローン減税は、住宅ローン残高の1%相当を所得税などから控除できるため、大きな節税につながります。
そして、最大で50万円がもらえる「すまい給付金」も、ぜひ利用したい制度です。
こちらは、消費税増税の影響を軽減するために始まった制度で、年収によってもらえる金額が変わります。
主な適用要件は、以下のとおりです。

●住宅を所有し、居住していること
●住宅ローンを利用していること(50歳以上で年収650万円以下なら利用していなくても可)
●年収が一定金額以下であること
●床面積が50平方メートル以上であること(一部の条件を満たせば40平方メートル以上でも可)
●建物の品質について担保されていること


他にも、新築か中古かなどによって細かく要件が定められていますから、該当するかどうかしっかりとチェックすることが大切です。
もらえる金額は年収で決まりますが、家族構成によってその目安が変わりますから覚えておきましょう。
なお、個人の売主から中古住宅を買う場合は消費税が非課税のため、この給付金の対象にはなりませんから注意しましょう。

マイホームを購入するときに利用したい「すまい給付金」の申請方法とは?

申請は住宅に入居してから可能で、期限は引き渡しから1年3カ月以内です。
すまい給付金事務局の窓口に行く他、郵送でも申請できます。
主な必要書類は、以下のとおりです。

●住民票の写し
●建物の登記事項証明書
●住民税の課税証明書
●工事請負契約書または不動産売買契約書
●住宅ローンの金銭消費貸借契約書
●検査の実施が確認できる書類


なお必要書類は、住宅ローンの利用有無や中古か新築かによって変わる部分もありますので、間違いのないように気を付けましょう。

まとめ

すまい給付金は、要件を満たすと最大で50万円がもらえる制度です。
住宅を買うときの負担を減らせますから、該当するかどうかしっかりと確認しておきましょう。
制度の適用期間が決まっていますので、購入を予定している方は、ぜひ期間内に検討を進めましょう。
私たちHomeway不動産は、宇部市・山陽小野田市の不動産物件を幅広く取り扱っております。
不動産に関するご質問やご相談がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

記事一覧   不動産の売却で大切なポイントになる査定方法を知っておこう!|次へ ≫

トップへ戻る