山口県宇部市の不動産|Homeway不動産 > Homeway不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入に使えるフラット35とは?メリット・デメリットを理解しよう

不動産購入に使えるフラット35とは?メリット・デメリットを理解しよう

≪ 前へ|宇部市へ移住するなら知っておきたい「宇部市UIJターン奨励助成金」について   記事一覧   住みやすさで選ぶなら?移住先におすすめの山口県宇部市が人気の秘密とは|次へ ≫

不動産購入に使えるフラット35とは?メリット・デメリットを理解しよう

不動産購入に使えるフラット35とは?メリット・デメリットを理解しよう

不動産購入を検討するとき、どの金融機関でローンを組もうか悩む方も多いでしょう。
金融機関選びはもちろん、どんなローン制度を選ぶのかも重要です。
多くの金融機関で取り扱っているのが、フラット35という制度。
フラット35は、どんなメリットやデメリットがあるのかチェックしていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入で利用できるフラット35とは?特徴と概要を解説します!

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する全期間固定金利の住宅ローンです。
全期間固定金利とは、ローンを組むときに返済終了までの借入金利が確定するというもの。
そのため、返済終了までの毎月の返済額がしっかり把握できます。
申込年齢は70歳未満で、借入期間は最長35年、借入額は100万以上8,000万円以下です。
フラット35の特徴は全期間固定金利であることに加え、保証人が不要で繰り上げ返済手数料も不要な点でしょう。
住宅ローンを契約するときは保証人が必要な制度が多いものですが、フラット35では求められません。
返済途中で繰り上げ返済する場合や、返済方法の変更をする場合の手数料もかからないのです。
フラット35には、オプションもあります。
長期優良住宅などに使えるフラット35Sや、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付をセットで使えるフラット35地域連携型、将来返済が困難になったとき、住宅を賃貸し賃料を返済に充てる家賃返済特約付きフラット35もあります。

不動産購入でフラット35を利用するメリットおよびデメリットとは?

フラット35の1番のメリットは、固定金利であることです。
市中金利が上昇しても、フラット35であれば借りたときの金利のまま返済できます。
また、住宅ローンを契約するとき、多くの金融機関で団体信用生命保険への加入が必須とされていますが、フラット35では加入が必須ではありません。
返済方法も自由に変えることができるため、収入に波がある自営業の方におすすめです。
しかし、フラット35のデメリットは、メリットでもある固定金利と言えます。
市中金利が下落しても、そのままの金利で返済を続けなければいけません。
また、頭金が少ない人も注意が必要です。
フラット35では、借入金額の9割以上が融資額になると、金利が高くなります。
フラット35はどのような職業の人でも利用できますが、借り入れ対象となる住宅にルールがあるのも難点です。
フラット35の借り入れ対象となる住宅は、一戸建ての場合、床面積が70平方メートル以上で、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する必要があります。

まとめ

フラット35は、計画的に同じ額を返済したい人にとっておすすめの住宅ローンです。
デメリットを理解して、他の住宅ローンと比較をしてみましょう。
フラット35を取り扱っている民間金融機関でシミュレーションをしてもらい、相談するのもおすすめです。
私たちHomeway不動産は、宇部市・山陽小野田市の不動産物件を幅広く取り扱っております。
不動産に関するご質問やご相談がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|宇部市へ移住するなら知っておきたい「宇部市UIJターン奨励助成金」について   記事一覧   住みやすさで選ぶなら?移住先におすすめの山口県宇部市が人気の秘密とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る