山口県宇部市の不動産|Homeway不動産 > Homeway不動産のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン控除とふるさと納税は併用できる?知っておきたい注意点も解説します!

住宅ローン控除とふるさと納税は併用できる?知っておきたい注意点も解説します!

≪ 前へ|山口市の子育て世帯におすすめの住みやすさ!自然豊かで治安もいい!   記事一覧   マイホーム購入で知っておきたい!住まい給付金の利用条件や申請方法とは?|次へ ≫

住宅ローン控除とふるさと納税は併用できる?知っておきたい注意点も解説します!

住宅ローン控除とふるさと納税は併用できる?知っておきたい注意点も解説します!

ふるさと納税と住宅ローン控除は、どちらも節税できる魅力的な制度。
ふるさと納税の利用者は増加傾向にあり、ふたつを併用している人も少なくありません。
そこで今回は、併用する方法とともに注意点もあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローン控除とふるさと納税を併用する方法とは?

住宅ローン控除とふるさと納税は、所得税や住民税を納めた中から控除できる制度のことです。
結論から言うと、住宅ローン控除とふるさと納税は併用できます。
どちらも納税した額以上の控除を受けることはできませんが、控除できる最大額は変わりません。
しかし、控除申請の方法によっては控除限度額に影響が出るので注意が必要です。

確定申告をおこなう場合

確定申告をすると、ふるさと納税で所得税から控除されてしまいます。
同じ所得税から控除される住宅ローン控除を併用すると、その額が減ってしまうかもしれません。
ふるさと納税後に住宅ローン控除が適用されることで、満額の控除が受けられない場合もあります。

ワンストップ特例制度の場合

ワンストップ制度を利用することで、ふるさと納税を住民税から控除できます。
住宅ローン控除は所得税から控除されるため、どちらも控除額に影響がありません。
ふたつの制度を併用しても控除額が減る可能性がないためおすすめの方法です。

住宅ローン控除とふるさと納税を併用するときの注意点は?

控除額に影響のないワンストップ特例制度ですが、利用するためにはいくつか注意点があります。

住宅ローン控除適用の1年目は利用できない

住宅ローン控除が適用される1年目は利用できない制度なので、2年目から利用するようにしましょう。

確定申告が必要な場合は利用できない

医療費控除や不動産所得がある方、副業収入が20万円以上ある方などは確定申告が必要です。
ワンステップ特例制度は確定申告しない場合に適用できるため、確定申告が必要な場合は利用できません。

ふるさと納税で寄付した自治体数が年間で5か所以内

ワンストップ特例制度を使うためには、1年間を通して5か所以内の自治体への寄付に抑えておかなければいけません。
それ以上の自治体へ寄付してしまうと適用できなくなるため注意しましょう。

まとめ

住宅ローン控除とふるさと納税は併用できます。
ただし、確定申告することで控除額が減ってしまう場合もあります。
ワンストップ特例制度を利用すれば控除額が減る心配がないのでおすすめ。
控除額がどれだけ変わるのか知るために、控除額のシミュレーションをしてみるといいかもしれませんね。
私たちHomeway不動産は、宇部市・山陽小野田市の不動産物件を幅広く取り扱っております。
不動産に関するご質問やご相談がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|山口市の子育て世帯におすすめの住みやすさ!自然豊かで治安もいい!   記事一覧   マイホーム購入で知っておきたい!住まい給付金の利用条件や申請方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る